dev.toihrk.me

このブログについて

このブログはjgsme/devにインスパイアされて、もともとはクローンしたものに手を加えて作成した。

手を加えたとは言え主にレイアウトだけの修正で、gulpfile.coffeeとかwercker.ymlとかには全く手を出せず、Gulpは初めて使うしWerckerなるサービスも初めて使った。

クローンしてから、このブログが公開されるまでのハマりポイントを列挙する

  • github-markdown-cssがsubmoduleで追加されてること

    • Githubでコード眺めてりゃ一目瞭然
      git submodule add git@github.com:sindresorhus/github-markdown-css.git
      
  • アーカイブページでページが1枚のみだとprevページングリンクが表示されてしまう

    • b838ac6 何も考えずに書いた
  • Werckerでデプロイできない

    • Werckerってサービス自体を知らな過ぎた
      • http://wercker.com/
      • GithubへのコードのPushをフックしてアプリケーションのテスト,ビルド,デプロイができる便利屋さん
      • 今回はビルドとデプロイの機能を使う
    • wercker.ymlを読む

      • 解説サイトに翻弄されDEPLOY TARGETで指定できる変数の意味を取り違えてた

        • Githubにpushするんだから、変数名は適当でも大丈夫だろって思ってたけどそうでもない(当たり前だ)
        • 今回の場合は$github_remoteを使ってるようなので、変数名にはgithub_remoteにアクセストークン込みのリポジトリのURLを渡す (dev-blog/wercker.yml at master · toihrk-me/dev-blog)
      • 最終的にはmasterブランチにコミットがあったらオートデプロイするようになった

        • 環境変数名はgithub_remoteで、値にはhttps://{GithubのPersonal access token}@github.com/{アカウント名}/{リポジトリ名}
          • 今回、このtoirk-me/dev-blogだと、github.com/toihrk-me/dev-blogみたいな感じになる

ただ単純にもってくるだけではパクリになってしまうので、今この状態でも十分パクリブログだけれど、スタイルシートをいじった。イメージはGithub。

それだけじゃ面白くなくて、コメント機能なんかもGithub上のissueでやってもらおうかな〜と思い、github:buttonsでボタンを吐き出して使った。

パーマリンクを踏んでもらった後の記事単体のページでのissueボタンの挙動は、そのままhttps://github.com/toihrk-me/dev-blog/issues/newに飛んでもらうようになってる。ここでクエリパラメータにtitle=hogehoge&body=fugafugaみたいにやるとGithubがよしなにやってくれるので便利。

記事の書き方は、やっぱりこのブログのアップデートをした - Kaihatsuに則る感じ

1. 書く
2. Push
3. PR
4. masterにマージ
5. deploy

でやっていこうと思う。

せっかくGithubでやってるんだしWatchすると、このブログの更新情報が手に取るようにわかりますのでよろしくお願いします!